暑い時期にはすぐにパンもカビが生えてしまう

先日、朝食にトーストを食べようと思い、食パンをトースターにセットするときにちょっとした違和感がありました。
というのも、パンの中央の部分に1センチくらいの黒い点があったんですよね。
「これは何だろう?」と思ってよく表面を見てみると、黒い点の正体は立派に育ったカビでした。
パンは冷蔵庫に入れて冷やしてしまうと、水分が抜けてしまい、固くなって美味しくなくなってしまいます。
でも、こんな毎日湿度が高く、暑くなるような季節だと、あっという間にカビが生えてしまうんですよね。
さすがに数日でカビが生えてしまうことはないのですが、この時期だと、週末に買ったパンでも、次の金曜日までもつかどうかといったところです。
そう考えると、水曜日とか木曜日に食べる食パンは、果たして安全なのだろうかというような疑問も湧いてきます。
でも、野菜などにはすぐにカビが生えたりすることはないので、きっと、栓をしたパンの袋の中というのが、カビにとっては居心地が良いのでしょう。
カビの生えやすい季節だということを忘れずに、うっかり見落として口にしたりしないように、気を付けたいなと思いました。http://www.pernellrobertsaroundtheworld.com/musee-tel/